沖縄で開業医を目指して医学部を受験しました。

地元沖縄に近い福岡の国立大学医学部を受験し、見事に合格

それ以降は学校の授業と予備校の模擬テストを受けながら、予備校側の意見も参考にし受験する大学を決めて行きました。
予備校側の意見は略高校と同じであり、父親と最後の話し合いを福岡の叔父の家で彼が持参した泡盛を頂ながら持ちました。
父は観光事業の拡大の為離島まで足を運んで居り、新生児の命を救うため緊急用のヘリコプターを寄付した事を話してくれました。
叔父からは戦後すぐの悲惨な医療事情の話が出ました。
話を聞いているうちに心は固まりました、産婦人科医になり地元に貢献したいと言う事です。
3人で話し合いで地元沖縄に近い福岡の国立大学医学部を受験し、見事に合格しました。

父親の願いは子供に医学の教育を受けさせ、地元沖縄で開業させること | いよいよ高校に入学しターゲットである医学部受験の為力が入って来ました | 地元沖縄に近い福岡の国立大学医学部を受験し、見事に合格

プロ家庭教師のディック学園 | 沖縄受験ゼミナール | 河合塾 | 即解ゼミ127°E | 北九州予備校